日本食を食べる時の服装に関して

日本食を食べる時の服装に関して

食事をする時に、服装の事を考える人もいます。特に精進料理や会席料理、懐石料理などを食べる時には、普段の食事とは違うので、気をつけると言う人がいるかもしれません。まず、気をつけることですが、日本食は、基本的には正座をして食事をするということで、座ると服装が乱れてしまうような服や座りづらいタイトな服、さらにはミニスカートなんかは気をつけなければいけません。

 

特に日本料理は、畳の部屋で座布団に座るので、こうしたことは重要です。靴やストッキングについても、気をつけなければいけないのですが、お座敷に上がると言う事で、靴を脱ぐ時に手間がかかるブーツなんかは、できれば控えたほうがいいですし、また、ストッキングは伝線しやすいので、靴を脱いで座敷に上がった時に、伝線していることがないように、常に代えを持って行く方がいいようです。

 

やはり日本食の場合は、座敷に上がるので、靴を脱ぐ時や履く時、さらには座敷に上がった時に他の人に迷惑をかけたりしないようにしないといけません。なので、他の食事をする時に比べて、服装や靴については、特別考えなければいけないことが多いようです。