懐石料理の元は何か

懐石料理の元は何か

懐石料理は、千利休が考えたものであります。なので、茶道と非常に関わりがあるのですが、そもそもは茶事や茶会でよく出された料理です。そして、他の料理に加えて、どうしても高級で固いという感じがするのが、懐石料理でもあります。

 

そもそも温かい石を懐で温めるということから懐石料理ということが付けられたのですが、これは、日頃から、質素な食事をしていた僧侶が空腹を紛らわせる為に、夜になると温めた石を包んで懐に入れていたことが語源となっていて、石のようにお腹を温めるということで、「懐石料理」と名付けられました。

 

そして料理と料理の間をよく考えていたのが、懐石料理で、お茶に合わせた料理が一品ずつだされていました。現在の懐石料理というと、これはお酒と一緒に食べる料理ということに
なっていて、それに即した献立がつくられているのですが、しかし、当時は、お茶と一緒に出されていて、大皿に出されていたとのことです。

 

どうも、当時の懐石料理と言うのは、現代のものとは料理の内容から食べ方まで、随分と大きく異なる物があったようです。

 

結婚相談所のブライダルオアシスはこちら
結婚相談所関係者が語る、「成婚率」のウラ | 日刊SPA!