日本料理と器

日本料理と器

世界の料理の中で、日本食ほど器をこだわっている料理も他にないといっても過言ではありません。手の込んだ料理も作られていて、これが日本料理の美しさを作り上げているのですが、器というものによっても、料理は美しくなります。

 

そういう風に料理と器が作り上げる美しさというものがあるのですが、懐石料理や会席料理などは、料理だけではなくて、器の方にもよく注目していきたいですね。なので、器を扱う時にも大事に扱うというのが、料理を作るほうと食べる方が気をつけなければいけないことであるのですが、高級料理店の場合は、何万円もするような器を使っていることもあり、こうした高級な器はもちろん、それ以外の器も、粗末に扱わないようにしないといけません。

 

そして、器の持ち方やお椀の持ち方についてもいろいろとあるのですが、まず、お椀は器を両手でしっかりともって、そっとふたを取って、右側に両手でふたを静かに置きます。器を持ち上げることもありますが、こういう時には、箸をおいてから、まずは器を両手で持ち、そこから左手に移して箸を持ち直します。食事を頂いたら、お膳に箸を置いて、両手でしっかりと器を置きます。