美しい箸の使い方

美しい箸の使い方

日本人は箸を使って食事をします。しかしあまりに当然のこと過ぎて、美しいお箸のマナーを身につけている人というのは意外と少ないようです。これを機会に、どこで誰と食事をしても恥ずかしくないようお箸の美しいマナーを身につけておきましょう。

 

箸置きが使われている場合、食事の途中に箸を下ろすときは箸先が膳に着かないように置くようにしましょう。

 

割り箸のときは上手に割れるかどうかが心配ですね。割り箸を割るときは膳の上や顔の前ではなく、自分の体のようへ寄せてから静に割ります。左右に豪快に割るのではなく、上下に静に割るのが基本です。

 

割り箸の袋は千代結びにして、箸置き代わりに使います。食事が終わったら結び目を解き、使い終わった箸を入れ、先を折っておきましょう。それが食事終了の合図になります。