お寿司の粋な食べ方

お寿司の粋な食べ方

日本人の大好きな料理、お寿司。最近では生魚をあまりたべないとされていた外国人にもとても人気で、海外にもお寿司屋さんがどんどんできているといいます。

 

さて、お寿司の粋な食べ方ですが、やはり「手」でいただくのがいいでしょう。箸を使ってもいけないというわけではありませんが、お寿司は昔から手でいただくのが当たり前だったため、そうした風習をそのまま受け継ぐのは粋なのではないかと思うのです。

 

みなさんは醤油をどこにつけますか?粋な醤油のつけ方はネタとシャリの両方に少量つけることです。お寿司を親指と中指ではさみ、ネタを人差し指で押さえます。そのまま逆さにして、ネタを中心に醤油をつけるようにします。やはりこのつけかたも手で持たなければ上手につけることができません。シャリにばかり醤油をつけてもあまり美味しくありませんよね。

 

本格的なお寿司屋さんでは、職人さんが握ってすぐに目の前に出してくれます。出されたお寿司はすぐにいただきましょう。例えばおしゃべりに花が咲いてお寿司を食べ忘れていたというのはNG.お寿司が乾いてしまいますからね。