懐石料理のメニュー

懐石料理のメニュー

懐石料理の献立はどのようになっているのでしょうか。懐石料理の献立も会席料理同様、一汁三菜が基本となっています。

 

会席料理とすこし違うのは、先に少量のご飯とお味噌汁、そして向付け(一般的にはお刺身)が出されます。お酒をいただく前にすこしお腹を満たしておこうという考えからです。向付けをいただくときからお酒をいただきはじめます。お酒は亭主から出されますので、それまでは待っていましょう。

 

次に、季節の野菜や魚などを使った煮物が椀物として出てきます。その後は魚介を焼いた焼き物、そして和え物などの強肴が続きます。

 

箸洗いと言われる小さなお吸い物をいただいた後、八寸と呼ばれる海の幸、山の幸を盛った酒の肴が出てきます。ここでお酒のやりとりをします。

 

最後に湯桶といい、ご飯を湯漬けにして食べ、同時に器をきれいにします。その後はお菓子とお茶を楽しみます。

 

懐石料理では基本的に旬の素材を素朴にいただくということを大事に考えて調理されます。ゆっくりと一品一品味わうことができる懐石料理、あなたも是非楽しんでみてください。