お寿司は粋に食べよう

お寿司は粋に食べよう

海外にもお寿司屋さんが多くできているとのことですが、あまり生魚を食べない外国人にも、かなり浸透してきているようです。日本人は、もちろん、昔から、生で魚を食べることが好きで、お寿司も好きです。

 

そして、このお寿司の食べ方ですが、これには食べ方と言うのがあります。昔ながらの粋な食べ方というのがあるのですが、まず基本となるのは、職人が握ったお寿司は、出されたらなるべく早く食べます。これはいつまでも置いておくと寿司が乾いてしまう為で、話をしていたりして、食べ忘れて、お寿司が乾いてしまうと、味を損ないます。なので、できるだけ早く食べる方が美味しく食べられます。

 

そして、昔ながらにお寿司は手で食べたいものです。箸を使うものいいですが、しかし、粋な江戸っ子は皆、手でお寿司を食べていたので、そうした方が美味しく食べられます。親指と中指でお寿司をはさみ、そして、ネタを人差し指で押さえて、醤油をつけます。このお醤油ですが、これはネタとシャリにつけます。どちらかに醤油をつけるだけでは、美味しくはないので、両方にしっかりとつけます。

 

太陽光で土地土地活用