懐紙ってどう使うの?

懐紙ってどう使うの?

会席料理や懐石料理、精進料理をいただくときに、白い紙がついていることがあります。それを懐紙といいます。懐紙は古くから、残った食べ物などを包み、それを着物の袖や懐の部分に入れて持って帰えるように使われていました。

 

着物を着ていないからと言って懐紙の使い道がなくなるわけではありません。上手に使えばマナー美人と見られますよ。

 

例えば女性は口紅などの汚れがグラスや箸につくことがありますが、それをぬぐうのに懐紙を使いましょう。もちろん料理で汚れてしまった場合も手や口を拭くのに使うことができます。テーブルが汚れてしまった場合でも懐紙を使ってきれいにしましょう。

 

箸では食べにくい料理の場合は、懐紙で上から押さえながら手で食べやすいように身を取るというふうにも使えます。魚料理の場合は小さい小骨が口の中に入ることもありますので、そういう場合は懐紙で隠しながら口から出すことができます。

 

そして昔からの使い方、食べ残したお菓子などを包むのにも利用しましょう。ただし水っぽいものは上手に包めませんので無理はしないように。