服装のマナー

服装のマナー

会席料理や懐石料理、精進料理などをいただくとき、みなさんはどんな服装で出かけられますか?

 

食事をいただくだけですが、配慮の深い方ならば服装のことまで考えて準備していただきたいものです。

 

日本料理をいただく場合というのは大体において畳のお部屋で座布団の上に座って、ということが多くなります。ということは自然と正座をするようになります。

 

正座をして座ると乱れてしまう服装というのは控えた方がいいでしょう。極端に短いスカートや、かがむと背中が見えてしまうような服などには気をつけましょう。ボトムスがタイトすぎると座りにくくなってしまいます。

 

同時に靴にも気を配りましょう。お座敷へ上がるならば靴を脱がなければいけません。ブーツなどの脱ぎにくく履きにくい靴は、他のお客さんの迷惑になることもありますし、スマートではありませんよね。

 

ストッキングをはいて出かける場合は、電線してもすぐ変えられるように替えをもって出かけるといいでしょう。これは日本料理をいただくとき以外でも通用することですが、靴を脱ぐということは足がよく見えてしまうということでもあるため、より注意が必要なのです。