懐石料理とは?

懐石料理とは?

懐石料理というととても高級でお堅いイメージがあります。それは「茶道」と深く関わりがある料理であるためです。懐石料理とはもともと、茶事や茶会などの席で出された料理であり、お茶で有名な千利休が考えたものです。

 

「懐石」の本来の意味は、温かい石で懐を温めるという意味があります。昔、朝と夜だけに簡素な食事を取っていた僧侶が、夜になると温めた石を布に包んで懐を温め、空腹を紛らわしていたそうです。この石のようにお腹を温める軽めの料理というところから「懐石料理」と名づけられました。

 

本来はお茶に合わせた料理が一品ずつ出されていました。そして料理と料理の間をとても重要に考えられてきました。

 

そして本来は今の日本食とは違い大皿に出されていたのです。それを順番に自分の分を取って食べていたといいます。

 

現在料亭などで食べられる懐石料理とはすこし違うようです。現在はお茶よりもお酒と一緒に食べる料理というふうに捉え、献立や内容が決められています。