会席料理とはどういうものか

会席料理とはどういうものか

会席料理というのは、よく食べられるものですが、これは本膳料理をより簡略化した食事方法です。なので、会席料理なら食べられたこともあるという人もいるかもしれません。そもそも、会席料理は、お酒を楽しむための食事でもあります。会席料理は本膳料理に比べると、それほど形式張るものではないのですが、江戸時代から普及し始めました。しかし、温かい料理が一品ずつ出されるというのも、かなり珍しいもので、当時としては斬新なものであったようです。

 

日本料理でよく食べられるのが会席料理で、結婚式や和風旅館などではこれがよく食べられますね。高級旅館では、本膳風のものと懐石風のものがあり、本膳風のものは料理が一気にすべて出てくるもので、懐石風のものは、一品ずつ出てきます。

 

本膳風のものは、ご飯や天ぷら、お汁など、温かいままで食べたいものが後から出てくることが多いようです。どちらかというと、こうしたものの方が馴染みがあるという人も多いかもしれません。しかし、この会席料理のおかげで、今では本膳料理はあまり見られなくなってしまいました。