座布団の使い方

座布団の使い方

和室になくてはならないもの、それは座布団です。正座の痛みを和らげるため、そして「ここに座って下さい」という印とするために使われます。

 

みなさんは座布団に坐るとき、どのようにしていますか?ずかずかと歩いて座布団を踏みつけてはいませんか?それは美しいマナーではありませんよ。

 

座布団に関してのマナーは次のようなものがあります。座布団を踏まない、座布団の位置を動かさない、座布団に座る前に正式な挨拶をしておいてから亭主の案内があって始めて座る、座布団を裏返さない、このようなものがあります。

 

座布団に座るときは、座る前に正座の姿勢で挨拶をし、そこから手をこぶしにして、両手に体重をかけながら正座の姿勢のまま座布団の上に滑るようにあがります。最初はすこし難しいでしょうが、慣れれば簡単です。

 

こうしたマナーを知っているのと知っていないのとでは、一緒に食事をする人や招いてくれた人に対する印象が全く違ってきます。覚えておきたいですね。

 

 

新宿のグラムシュタイン
千葉市のライブハウス・ジャズバーリスト