箸の使い方を学ぼう

箸の使い方を学ぼう

美しいお箸の使い方をする人はあまり多くはないのですが、日本人は食事の時に箸を使うということで、是非、正しい箸の使い方を覚えておいて、美しい箸の使い方で、どこに出ても恥ずかしくないものを身につけておきたいものです。

 

まず、割り箸ですが、これもいろいろとマナーがあります。割り箸は好きなように割るのではなくて、静かに上下に割らないといけないのですが、これは体の方に寄せてから割ります。決して、前の上や顔の前ではわらないようにしないといけません。上手く割れるかも心配ですが、まずは、静かに割ることを考えましょう。

 

そして、割り箸の袋はしっかりと結んでおいて、千代結びにしてくといいのですが、これを箸置きの代わりにします。そして、千代結びにした袋を箸置きにした後は、千代結びを解き、箸を入れて、先を折ります。これで、食事が終了したということを表します。

 

さらに箸置きがある時には、食事の最中に箸を下ろすときに箸先が膳に着かないように気をつけないといけないのですが、まずはこれもしっかりと覚えておかなければいけないようです。