会席料理の食べ方

会席料理の食べ方

会席料理は、特にこれとって決まりはなくて、何から食べてもよく、自分の好きなものから食べることができます。なので料理が出されたら、とりあえず、さっぱりとした味の薄いものからこってりした味の濃いものを食べていくのがいいようです。そして、「一汁三菜」というのがありますが、これは、お吸い物のことを「一汁」といい、刺身、焼き物、煮物を「三菜」と言います。会席料理の基本はこういうものになっているのですが、しかし、これに加えて、お酒の肴になる料理も出てきます。

 

先付けと言われるお通しが出てから、刺身や焼き物、煮物が出て、それから天ぷらや茶碗蒸しなどの蒸し物が出てきます。天ぷらは旬の素材を使ったものが出てくることがありますが、それに加えて箸休めとして、お酒の肴というものも出てきて、和え物や酢の物も出てきます。こうしたものを食べて、お酒を飲みつつ、一通りのものを食べた後には、最後にご飯とお味噌汁それに加えて香の物が出てきます。最後にデザートを出すというお店もあって、季節の果物なんかも出てくることがあります。