してはいけない箸の使い方

してはいけない箸の使い方

箸を使うにもいろいろなマナーがあるのですが、こうしたものもしっかりと覚えておきたいものです。特に演技の悪い箸の使い方や、見苦しい箸の使い方というものがあり、こうしたことは行わないように、しっかりと覚えておきたいものです。

 

まずは、迷い箸ですが、これは、どれを食べようか器の上でうろうろと箸を迷わすことです。そして、移り箸というのは、箸をつけたものを残して、他の食べ物へと移ることで、良くない行為の一つです。そして、縁起が悪いのが突き立て箸で、これは仏様にささげる食事にすることで、やってはいけないことの一つです。探り箸というものもありますが、これは器の中に残った料理を箸で寄せて食べることです。

 

その他にも器を箸で寄せる寄せ箸に、器の上に箸を渡して置く渡し箸、料理に箸を指す指し箸、箸をなめるねぶり箸などもあり、これもやってはいけないことです。いろいろとやってはいけないことや見苦しいものがありますが、重ね箸とも言われる箸なまりや、楊枝代わりに箸を使ったりするせせり箸、箸を振り上げたり人を指す振り上げ箸というものもあり、箸を食事以外に使ったりすることもしてはいけないことです。