和室での身のこなし方

和室での身のこなし方

日本人と言えども最近は和室より洋室のほうが過ごしやすいという方が増えています。特にお食事をいただくときなどは、和室ですとマナーが難しいのではないかということからどうしても敬遠されがち。

 

それでも日本人ですから!しっかり和室での身のこなしかたは覚えておきたいですね。

 

和室では基本、一度部屋に入ったら「立つ」ことを許されません。「立たずにしてどうやって移動するの?」と思われますよね。実は「膝行(しっこう)」と「跪坐(きざ)」という動作で動くようになります。

 

膝行とは膝で動くことをいいます。部屋の中での移動は膝立ちで行います。手をこぶしにして、そのこぶしを床につけ力を入れます。その力で体全体を前へ、もしくは後ろへ動かします。お部屋に入ってくるときから座布団まで、その動作で移動するようにします。退室するときも同じようにします。

 

跪坐というのは、ひざまついた状態でつま先をあげて座る状態を言います。ふすまを開けるとき、靴をそろえたりするときに便利な坐り方です。